「中学受験をやめたい」

中学受験を経験してきた親であればこの言葉を子供から聞いた人も少なくないのではないでしょうか。

あるいは、今現在そういわれて、どうしたらよいのか困っている親御様もいらっしゃるかと思います。

子供の意見を尊重してスッパリやめたほうがいいのか、

説得して中学受験を諦めさせないほうがいいのか…

塾にも通い、講習、宿題に追われながらも日々親子で頑張ってきたのですから

親としてはそう簡単に決断できないと思います。

こちらでは子供から「中学受験をやめたい」と言われた時の対処法をお伝え致します。

 

子供が中学受験をやめたくなる理由

もし子供から中学受験をやめたいと言われたら、まずは子供の本当の気持ちを引き出しましょう。

「子供に中学受験をさせたい」という思いをまずはグッと抑え、

子供がどうしてやめたいと言ったのか聞き出しましょう。

きっと子供なりに中学受験をやめたいと思った理由があるはずです。

親の気持ちだけで、無理やり中学受験をさせてしまうと後々、

親子仲が最悪になってしまう可能性があるので注意しましょう。

 

・塾の勉強についていけない

この場合はまず担当の塾講師に相談しましょう。

相談することによって学習状況が改善される場合もありますし、

子供も担当講師の前では不安に思っていたこと、ストレスになっていたこと

親に話せていなかったことを子供が話してくれる可能性もあります。

塾講師の方は中学受験のプロです。ご家庭で転塾をご決断される前に

まずは相談してみることをおすすめします。

これをきっかけに子供の中学受験へのモチベーションが戻る可能性があります。

 

・友達ともっと遊びたい

遊びたいという気持ちがありながらも自分の置かれている状況をみて

しょうがないと割り切れる子もいますが、地域によって中学受験をする子の割合が少なかったりすると

やはり、もっと友達と遊びたい!という気持ちが爆発してしまう子もいるのではないでしょうか。

習い事、部活をしている場合はそのスケジュールを調整して遊び時間を確保するのはいかがでしょうか。

反対に、習い事、部活を増やして息抜きをする時間を調整するでもいいと思います。

6年生になる段階や、受験本番まであと〇日、といった段階から「よし、そろそろ本腰をいれよう」と

勉強1本に切り替える形で良いと思います。

その場合は、現在の学習状況、偏差値、志望校の難易度にもよってきますので注意しましょう。

 

・勉強に疲れてしまった

この場合も一度、通っている塾の先生に相談したほうが良いです。

子供の話を聞いてもらい、改めてどうしたいか子供に聞いてみましょう。

少し塾をお休みして、友達と遊んだり、やりたいこと専念すると

しばらくすると勉強しないことが物足りなくなり、もう一度中学受験に挑戦する、と

やる気が復活する場合もあります。

 

・元々親が勧めた中学受験だったのでやる気がなくなってしまった

公立の中高一貫校に切り替えてみるのはいかがでしょうか。

種類の違った学校に目を向けさせてみると子供に合った学校が見つかるかもしれません。

ここに通いたい!と子供が強く思える学校が見つかれば勉強への意欲が戻ると思います。

やめさせたほうが良い場合もありますのでその場合は

中学受験は一つの通過点であり失敗ではないよ、としっかり教えてあげましょう。

 

中学受験をする理由を親子で再認識する

いかがでしたでしょうか。

中学受験をやめたい理由はお子様によってそれぞれで、

でもやめたいと親に言うということはどんな理由でも相当つらい状況なはずです。

頭ごなしに反対せず、まずは親子でしっかり話をし出来る限りの事をしていきましょう。

やめてしまってもそうでなくても、中学受験を経験したことは

親子にとって貴重な経験となります。

中学受験の反抗期は誰にでもあります。親はそれを理解しておきましょう。

もし志望校に合格できなかったり、途中でやめたとしても

数年後高校受験、大学受験、就職活動を終えた時に

あの時こうしてよかった、経験していてよかったと思えるはず。

中学受験、勉強を経験してよかった!と時間がたったときに子供に思ってもらえるよう

接していきましょう。